人間関係を好転させる、心との向き合い方

人間関係はうまくいっていますか?
 
 
夫婦で心から
打ち解けあえている感じがしない。
 
小さな子供についイライラをぶつけてしまう。
 
大きくなった子供と、
距離ができてしまった。
 
他にも職場の人間関係で辛いことがあったり
 
心から信頼できる友人が作れないなど
 
 
人間関係の悩みは
人生を辛く蝕みます。
 
 
人生の悩みの八割は、人間関係によって起きると
言われるほどですから
 
 
逆に、人間関係さえ整っていれば
あまり深く悩むような
 
苦しいこともなくなるのではないでしょうか。
 
 
 
◆怒りの感情の中に居すぎると
自分が傷ついてしまう
 
 
 
自分が辛いのはあいつのせいだ。
 
嫌なこと言われて
腹が立って仕方ない。
 
見るだけでストレス。
 
どうしてこんなこと言われなきゃならないのか
悲しくてたまらない。。。
 
 
人の世話ばかりで
自分の時間が取れない……。
 
 
どうして言うとおりにしてくれないの。
 
 
 
人間関係でトラブルが起きると、
こんな風に思いがちです。
 
 
それはその通りですし
とてもお辛かったと思います。
 
 
 
しかし、この気持ちのままでいると
人間関係の問題がいつまでたっても
解消されない、ということが起きます。
 
 
自分が辛い想いをしているのが
たとえ誰かの言動が原因だとしても
 
 
 
「あいつのせいだ」
 
 
 
と怒り浸透している段階に
いつまでもとどまっていることは
得策ではありません。
 
 
 
怒りをどんなに抱いたところで
それは相手に届くわけでもなく
 
その感情によって
傷つくのは、
 
ただただ、自分だけなのです。
 
 
 
◆自分の本当の気持ちを大切にすると
人間関係は好転する
 
 
 
 
辛い時は、ただ、辛さを感じてください。
 
怒りを感じている時は
怒りをただ感じてあげてください。
 
悲しい時は悲しさに任せて泣いてください。
 
 
たとえ誰かのせいで傷ついたとしても
誰かのせいで大変な思いをしたとしても
 
 
 
「あいつのせいだ」
 
 
 
から抜け出さない限り、
あなたの心は晴れません。
 
 
 
 
怒っているときのあなたは
 
ただ、辛いのです。
ただ、悲しいのです。
ただ、苦しいのです。
 
 
 
 
それを理解してあげてください。
 
 
そして、その本当の素直な感情を
ひたすら感じて、抱きしめてあげてください。
 
辛さが癒えれば、
怒りは静まります。
 
 
 
そして、あなたを同じように
傷つけようとする人は
 
自然といなくなるか、
いたとしても気にならなくなります。
 
もしくは対抗できる力を
身に着けることができます。
 
 
 
「あいつのせいだ」
 
 
に執着せず、まずは自分の気持ちを
大切にすることを優先してみてください。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA