痛みときちんと向き合うと人生は好転する

 
 
お久しぶりの更新です。
 
 
実は家族みんなで
インフルエンザになっておりました。
 
 
 
猫3匹(ここも花風邪気味)
3歳ちゃんと9歳ちゃん
そして奥さんと私で寝室にこもり
 
 
普段はおやつの時しか食べない
プリンやチョコ、ゼリー、
 
母からの差し入れの寿司やみかんなどを
お行儀など気にせずお布団で
だらだら食べつつ
(きつくて起き上がれないんですね……)
 
 
暖かい部屋で加湿器まわして
薄めたポカリ飲みながら
仲良く爆睡していました。
 
 
家族の絆を実感した
インフルエンザ体験でした(笑)
 
 
しかし奥さんが
寝込んでいたストレスからか
 
少し良くなったからと手作りピザしたり
焼肉焼いたりして
 
 
かえって胃を壊して
再び寝込んだ
 
 
 
なんてことがありましたから(笑)
 
 
こういう時は欲求は少し抑えて、
消化に良いものを食べた方がいいですね。。。
 
 
 
 
◆痛みが教えてくれること
 
 
 
インフルエンザなんて
なっても何の得もないようですが
 
 
それでも様々なことを
私たちに教えてくれています。
 
 
人ごみに行くときはマスクをしよう!
(してなかったんですねぇ……)
 
 
他、免疫力をきちんと高めていくような
生活習慣を心がけるなど
 
 
自分の人生を彩りよく
快適に過ごしたい場合
 
 
体調管理はとても重要になってきます。
 
 
何より大切なのが
 
 
「痛みをきちんと受け止めること」
 
 
です。
 
 
 
私たちは痛みや辛い症状が出ると
それ自体を悪者にして
 
痛みを消そう、症状をなくそうと
そればかりを考えてしまいがちですが
 
 
 
痛みというのは
痛みの出る物質を分泌することで
血流を上げ、
 
 
 
回復に努めようとする
 
 
体の防衛機能なんです。
 
 
 
 
なので痛み=悪、ではなく
 
 
 
痛みは私たちを助けようとして
働いてくれている機能だということ。
 
 
 
なのできちんと痛みを受け入れ
感謝できるようにしていくと
 
 
痛みが失せ、
回復が早まる
 
 
なんてことがあったりします。
 
 
風邪の時に熱を無理やり下げてはいけないと
よく言われるのもそういうことですね。
 
 
 
痛みもあらゆる症状も
必要で起きているのです。
 
 
あとはそこから何を学び取るかです。
 
 
 
◆痛みを消そうとせず、きちんと向き合うと
人生は好転する
 
 
 
ちなみにこれは人生においても言えることです。
 
 
 
辛いことや苦しい出来事、
 
嫌な人間関係や
お金で困る経験、
 
なかなか自分らしく働けないなど
 
 
一見、ないほうがよさそうな出来事と言うのは
すべて必要で起こっています。
 
それもみな、人生をより良くするために
 
 
「今、その課題をクリアしないと
望むところへ行けないよ!」
 
 
と教えてくれているのです。
 
 
人生における痛みや苦しみ、
病や体の状態も含めた
辛い出来事は
 
 
みな、なにがしかをあなたに教えてくれている
大切なメッセージです。
 
 
そして忘れないでほしいのは
 
 
すべてが
 
 
 
●より良くなろう、より良くなろう
幸せに、望む方向へ行こう
 
 
 
と、あなた自身に
働きかけているということ。
 
 
 
痛みや辛さ、苦しみを否定して
それ自体をなくそうなくそうとしていると
 
それらが教えてくれている
幸せになるためのヒント
 
望む場所に行くための手掛かりが
 
 
わからなくなってしまいます。
 
 
 
ぜひ、痛みを悪者にせずに
大切な課題として
 
 
向き合う習慣を
つけてみてください。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA