夫婦仲良く過ごすために、自分の心を理解する

夫婦仲良し!
なんでも心から話し合えて
 
いっしょにいると
楽しくてしあわせ。
 
 
そんな状態だったら
人生ハッピーですよね。
 
 
ちなみに私はかつて一度
離婚したことがあります。
 
 
お互いに不満だらけ、
我慢だらけ、
 
言いたいこともろくに言えず
 
なんとか関係をつなぎとめるために
顔色をうかがってばかり。
 
 
10年近く頑張りましたが
疲れ切ってしまって
 
自分から別れを切り出しました。
 
 
 
全ては、自分に自信がない私が
一人ぼっちになりたくないがゆえに
とっくに破綻していた関係にしがみついていたことで
起きたことでした。
 
 
 
人間関係において
相手に心を開けないという状態は
何かの不安がある状態です。
 
 
嫌われるんじゃないかな。
 
嫌われたら、
次がないんじゃないかな。
 
 
何か否定的なこと言われるんじゃないかな。
 
 
辛い思いしたくないな。
 
 
そういった、辛いことから逃げるような行動は
全て裏目に出るのが人生の特徴です。
 
 
私は嫌われましたし、
否定的なことも言われました。
 
辛い思いもいっぱいしました。
 
 
でも、幸い、私には次がとゃんときました。
 
 
今の奥さんとは
冒頭に書いたような仲良しで
 
 
今はとっても幸せです。
 
 
 
一度の失敗で多くを学んだこともあるでしょうが
 
自分の心と向き合ってきたことで
相手の心の動きにも
敏感になれたことが
 
人間関係を好転させるに
とても強い力を発揮したと思います。
 
 
 
◆人の心がわからない人は、
まず、自分の心をわかってあげる必要がある
 
 
 
誰かに優しくするには
心に余裕が必要と言いますが
 
もっと言えば
 
 
●自分の心の動きを理解することは
相手の心の動きを理解すること
 
でもあります。
 
 
 
相手の心の中は見えませんから
 
気遣おうと思っても
なかなかうまくいかないかもしれません。
 
 
しかし自分の心の動きに敏感ならば
 
 
こんな時はこう思うよな……
こうされたらいやだよな
 
こんなことしてもらえたら嬉しいよな
 
 
ということの推測が立ちますよね。
 
 
 
人それぞれ違うんだから
ちゃんと聞いてみよう、
 
という積極的な行動だって
 
そもそも自分がそうしたいと思わなければ
出来ることではありません。
 
 
 
それに、本当は優しくしたいのに
なかなかできない……という場合は
 
自分が優しくされたことがない
 
自分の中に辛さがたまっていて
それどころじゃない
 
なんて場合がほとんどです。
 
 
 
どんな人間関係も
まずは自分からです。
 
 
 
自分の中を整え、心と向き合って
自分の素直な本音をきちんと受け止めていくことが
 
人間関係を好転させていきます。
 
 
相手を変えようとするのではなく
自分を変えようとするのでもなく
 
まずは今、この瞬間の自分を
大切にしていくことから
 
はじめてみてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA