行動力がない!とお悩みのあなたへ~自己否定が原因かも

色んなことに取り組んでいると
ある一定の確率でぶち当たる壁があります。
 
それは
「やらなきゃいけないのはわかっているけど、
どうしても行動できない!」
 
……ということ。
 
 
自分で自覚できている場合は
とにかくストレスがたまります。
 
特に体の調子が悪いわけじゃないのに
やる気が起こらない。
 
やりたいのにできない。
なんだかそこに向かえない。
 
やろうとはしてるけど、
だるくなって「まあいいや」と
後回しにしてしまう。
 
やらなきゃいけないのにやる気が起きない。
やってはみるけど続かない。
 
 
「ああ、自分はなんてダメなんだろう」
 
 
そう自分を責めてしまって
ますます動けなくなり悪循環……。
 
 
また、これが無意識に
起きてしまうパターンもあります。
 
 
いろいろ努力はしているつもりなんだけど
なんだかうまくいかないって場合は
 
 
●無意識のうちに、
うまくいく方法だけ避けて努力している
 
 
なんてことかせ起こっている
可能性があります。
 
 
実はこれらはすべて
心理的抑圧が原因であることが
多いのです。
 
 
◆努力下手な人は、「できない自分」を
無意識に否定している
 
 
あなたの中に
 
 
●出来ない奴は役立たずだ
 
●なんにせよやって出来ないのはダメなことだ
 
●努力できない奴はダメだ
 
 
こんな思い込み=心の制限があると
実はそれが「努力下手」の原因になります。
 
 
これらはだいたい幼いころなどに
頑張った過程は見てもらえず
結果の良しあしだけで判断され
 
「なんだ、けっきょくできてないじゃん」
などと馬鹿にされたり
 
努力したのにできなかったなどの失敗を
「お前はダメな奴だ」と
人格否定の材料に使われたりしたことで
 
 
出来上がってしまう心のブロック=制限です。
 
 
自分から自然と努力でき、
あらゆることにやる気や興味があって
小さいころから勉強を含めた
色んなことにチャレンジできる子と
 
「なんかだるい」「めんどくさい」
などの理由で努力を避けがちな子がいますが
 
 
それらはほぼ親の姿勢や対応によって
そうなっています。
 
 
要するに、努力下手な子供は
出来ない奴はダメだ
やらない奴はダメだ
 
すなわちお前はダメな奴だ
 
と言われて、
頑張る力をなくしているってこと。
 
 
そのままの状態で大人になると
どうしても
 
「どこかで行動が止まる」
 
ということが起きてきます。
 
 
やり切るまで続けられないのです。
 
 
ちなみに私も完全にこのタイプ。
 
私にとっては出来ない自分は
基本ダメなものなので
 
いつも出来ることばかりやっていて
 
出来ていないことをうまくできるように努力しよう、
というのが果てしなく苦手な人でした。
 
しかもその制限が無意識にかかっていたので
必死に頑張ってるつもりなのに
 
何も結果が出ない。。。
 
要するに
 
「本当にやらなきゃいけないこと」
=「出来ていないことを出来るようにしていくこと」
 
が出来ていなかったんです。
 
 
◆出来ないから助けて!を言えるようになると
何もかもうまくいくようになる
 
 
言ってしまうと、
何かの取り組みを成功させようとする時って
 
まだ出来ていないことを
出来るようにしていかないと
いけないわけです。
 
なぜ、出来ないのか?
 
 
ひたすら追求していく作業は
「どうしたらできるようになるのか?」
と同義です。
 
だから自分が「出来ない理由」をちゃんと知る。
 
 
それが
 
●出来るようになるコツ
 
なんです。
 
しかし「出来ないことは悪」のような
ブロックがかかっていると
 
自分のできていない部分は
その人にとって悪いものなので
 
そういう人は自分の現在いたらない部分を
見ようとしません。
 
なのでチャレンジで成果を出そうとする時、
その壁に当たると大きな抵抗が出て動けなくなるか
もしくは無意識のうちに見当違いな努力ばかりして
うまくいかなくなるわけです。
 
なので、「どうしても行動が途中で止まる」
「チャレンジの時に動けなくなりがち」
な人は
 
自分にこのブロック(心の制限)が
かかっていないか
 
きちんと向き合っていく必要があります。
 
 
あと、このブロックがかかってるコーチ・コンサルも
たまに見かけます。
 
やらない奴はダメだ!
行動しない奴はダメだ!
 
みたいな発言が目立つ人は
この心の制限がある方です。
 
あとは失敗の経験がさほどなく
すんなり成功してしまった
心の制限がもともと少ない人も
 
なかなか上手くいかない人
=行動できない人の心理を
理解しにくいです。
(※自分にはそれがないため)
 
 
やれないのにも行動できないのにも
色々と訳があります。
 
それを一概にダメのひとくくりにしてしまうのは
ますます努力下手な人を作り出してしまいますので
(子育てと一緒ですね)
 
あんまり行動力に自信がないよっていう人は
 
出来ない理由や行動できない原因とも
一緒に向き合ってくれる
コーチ・コンサル選びをしていきましょう。
 
そして「出来ないから助けて!」と
正直に伝えれば
 
かならず誰かが力になってくれるものですよ。
 

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA