辛い気持ちとの向き合い方~心豊かに生きるために

生きてると、
辛いことたくさんありますよね。
 
どうせなら辛いことなんか
ない方がいい!
 
楽しいことばかりだったら
どんなにいいでしょう。
 
しかしそうもいかないことも多いので
もう今現在ある辛い現実、辛い思いに対して
 
どう向き合っていったらいいのか?
 
考えていきましょう。
 
 
◆単純な二元論は心を貧しくする
 
(※二元論=世の中のものは背反する二つの原理から構成される、
または二つからなる区分に分けられるとする概念のこと。
例えば、原理としては善と悪、要素としては精神と物体)
 
 
心の仕組みの観点からお話しすると
 
「辛い」
 
という感情はとても意味のあるものです。
 
 
しかし一方、かつて
 
●ネガティブなことを考えると現実になる
 
 
という引き寄せの法則の誤解釈が
広まってしまったことで
 
辛い感情に蓋をしてしまう人が急増しました。
 
 
ネガティブ×
ポジティブ〇
 
 
……?
 
 
ネガティブな自分も
ポジティブな自分も
 
同じ一人の人間です。
 
 
どちらかがダメで
どちらかだけ良い
 
というのに、まず違和感を覚えませんか?
 
 
いいか悪いか
正しいかそうでないか
 
人の心は
そんな単純なものではありません。
 
 
悲しみや苦しみ、辛い出来事すら
心の滋養に変えて
 
強さと優しさを身に着けていける
 
そんな奥深い豊かさを持っているはずの人の心に
 
 
ネガティブはダメで
(現実になるから?)
ポジティブは良し
(その現実だけ欲しいから?)
 
なんていう単純公式を当てはめるのは
何とも心貧しいおかしな話なのです。
 
 
 
◆「辛い気持ち」「辛い出来事」は
すべて意味があって起きている
 
 
感情は人生のセンサーです。
 
その扱い方を知らずにただ感情を
快か不快か良しあしだけで判断していると
 
人は不快な感情や
「悪い」とされている感情に
 
蓋をするようになります。
 
 
しかしどんなに蓋をしたところで
感情はなかったことにはできないので
 
辛さはどんどん増していきます。
 
そして暴走した感情に
振り回され
 
現実によくないことが起こり始めます。
 
 
辛い感情をちゃんと受け入れて!
蓋をしないで!
 
って、
 
辛い感情を引っ張り出すような
出来事が起こり続けるのです。
 
 
実はこれこそが
ネガティブな引き寄せなんです。
 
 
 
◆辛い気持ちを否定せず、ただ受け入れると
癒しが起こる
 
 
「今自分は辛いんだな」
 
 
辛い時の対処法は、
単にそれだけです。
 
辛いという事実、それを受け入れればよいのです。
 
こんな自分はダメだ!
と否定することはありません。
 
あなたはただ、辛いのです。
 
だからそんな自分を抱きしめてあげてください。
 
ヨシヨシ、辛かったねと
愛で包んで癒してあげてください。
 
怪我をしたら消毒をして絆創膏を張り、
安静にするのと全く同じこと。
 
辛い気持ちは癒してあげる。
 
愛で包んで
 
気持ちが癒えるまで
大切に扱ってあげる。
 
 
辛い気持ちと向き合うのには
痛みを伴います。
 
だからといって逃げないであげてください。
 
辛さを受け入れきった時、
それは癒しが完了した時です。
 
そうすると、現実は自然と
望む方へ動いていきます。
 
 
「辛さ」というのはあなたに与えられたギフトであり
 
人生をより豊かな
望み通りの方へ動かしていくための
大切な課題なのです。
 
 
1人で向き合いきれないときは
私がお手伝いしていますよ(^^)
 
↓ ↓ ↓
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA