癒されたいあなたへ~辛い出来事に隠された真実

 
毎日頑張っているのに、
いつもトラブルに見舞われて
疲れ果ててしまったり
 
辛い出来事が続いて
 
 
「どうして自分ばかりこんな思いを
しなくちゃいけないんだろう」
 
と、切ない思いをしたり。
 
 
人生には様々な試練がつきものですが
 
 
●すべて必要で起きていること
 
だと言われたらどう感じますか?
 
 
 
成長のために必要なんだよね。
ギフトなんだよね。
 
これを乗り越えればもっと力が付くよね。。。
 
 
そんな風に思うかもしれません。
 
確かにそれは
 
「乗り越えた結果として」は
その通りなのですが
 
 
実は「辛い出来事が起こった」
という事実には
 
隠された真の意味があるのです。
 
 
 
◆人は大人になる過程で
前向き思考での切り替えを覚えていく
 
 
 
辛いことがあると、辛い気持ちになりますね。
 
どんな人でもなるべくなら
辛い気持ちにならない方がいい!
 
って言うと思います。
 
 
しかし、本来「辛い気持ち」というのは
生きていくために
必要で起こるものです。
 
 
子供のうちはなんの自己否定もない
自然体なので
 
 
感情のままに気持ちを表現することができます。
 
 
辛いことがあれば
泣いたりわめいたりと
 
 
素直に表現すれば
抱きしめて癒してもらえますし
 
必要があれば手を差し伸べてももらえます。
 
 
幼いころはそうして
「気持ちを素直に表現」することで
自身に降りかかる困難を乗り越え、
 
 
対処法を学んで
成長していくわけですが
 
 
思春期になると、
 
 
周囲と自分を比べて
優劣で自分を評価しだすので
 
●自己否定
 
が生じ始めます。
 
 
結果、
常識や、親や教師に言われたことを
守ろうとするがために
 
自分の感情を抑圧したり
 
なんらかの出来事がきっかけになって
 
 
 
「弱音を吐いてはダメだ」
「こんな弱い自分はダメなんだ」
 
 
 
のようなブロックができあがって
 
 
 
素直にネガティブな感情を表現できなくなる
といったことが起きてきます。
 
 
なので思春期はイライラしますし
生きづらく感じるのですが
 
 
その中で
 
 
 
●前向き思考の切り替え
 
 
 
を学びます。
 
 
 
〇みんな違ってみんないいんだ!
クヨクヨしないで前を向きなきゃ。
 
〇あきらめないでいれば夢はつかめる。
 
〇周りの目を気にするより
自分の気持ちが大事。
 
〇辛い時ほど、前を向いて、
どうすればいいか考えよう。
 
 
そんな前向きな言葉によって
辛く、混乱していた気持ちが
救われていきます。
 
 
そして本来の自然体を取り戻して、
 
大体はそのまま
大人になっていきます。
 
 
 
 
◆前向き思考でうまくいかない人は
心の制限(ブロック)が大きすぎる人
 
 
 
しかし
子供の頃に、自然体で生きることが
出来ない環境にあった人や
 
心の傷が大きすぎて
強力なマインドブロック(心の制限)が
出来てしまっている人には
 
 
 
●前向き思考の切り替えが、
感情の抑圧になってしまう
 
 
といったことが顕著に起きます。
 
 
 
こういった人は
 
 
●頑張っているのに成果が出ない
 
●欲しいものがなかなか手に入らない
 
●そもそも行動ができない、
やりたいのにやれない
 
●自分を励まして必死に前に進んでいるけど
実は本当の自分を隠している
 
●成功者になれない
なったとしても様々な問題が起きるか、
一時的で元に戻る
 
 
といった現実の問題が
多くあらわれるのが特徴です。
(かつて私もこういった状態でした)
 
 
これらは全て心の制限(ブロック)が
引き起こしている問題です。
 
 
「頑張れよ!前を向けよ!」
 
というはげましの言葉も
もう頑張れないほど傷ついている人には
 
 
「頑張れない自分はダメなんだ……」
 
 
という更なる自己否定を
植え付けるだけ。
 
 
一般のコーチングなど、
前向き思考の切り替えによる
メンタルコーチで成果が出せるのは
 
そこそこ幸せな家庭で育ったか、
 
 
受けてきた心の傷をどこかしらで
癒すきっかけがあった
 
その時点でブロックが
少ない人に限られるわけです。
 
 
 
◆辛い出来事は、心を癒すために
すべて必要で起きている
 
 
辛い出来事と言うのは
辛い感情を揺り起こすために起きます。
 
 
前向き思考で封じ込めてしまった
 
 
「本当は辛かったよ」
 
 
という子供のころのような自然な悲しみ、
素直に流されるべき涙を解き放つために
 
似たような出来事が
現実に繰り返し訪れるのです。
 
 
 
そしてその出来事を憂い、
心から素直な涙を流せたとき
 
心の傷は癒えていきます。
 
 
 
かつて傷ついていた自分を
 
 
「辛かったね」
「君は悪くない」
 
 
と抱きしめ、認め、
受け入れることができれば
 
 
課題はクリアです。
 
 
あなたはその先の、
まだ見たことのない人生への扉を
開くことができます。
 
 
今、辛い現実が訪れている人は
 
 
●心を癒すべきタイミングなのだ
 
 
と、自分を否定することなく
ただその気持ちを感じることに
徹してみてください。
 
 
何の思考もなく
 
 
ただ、感じる。
 
ただ、受け止める。
 
 
ただ、素直に気持ちを表現する。
(泣くのが一番です)
 
 
 
幼子のような自然体で
辛さを受け止めることができる
自分になっていくこと。
 
 
それが結局は
 
●こころの制限(ブロック)が出来ない
生き方
 
=より思い通りになりやすい人生
 
 
を作っていく一番の近道なのです。
 
 
 
 
◆人生は自然体で生きればうまくいく!
心の制限を突破して、願望達成を加速する
 
願望達成メンタルコーチ。
 
よりパワフルで自由な生き方をしてみませんか?
↓ ↓ ↓
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA